沿革


大正12年 弁護士中村護の先代中村高一(現あきる野市出身)が弁護士となり、社会運動、人権活動に取り組む。昭和12年より昭和41年にかけて多摩地区選出の衆議院議員を務める。
昭和30年 弁護士中村護が武蔵野市吉祥寺本町に「中村法律事務所」を開設。
昭和35年 事務所を現在の場所(武蔵野市吉祥寺東町)に移転。
その後、業務と陣容の拡大に伴い、事務所の拡張・整備を繰り返す。
昭和42年 付属機関「中村法律研究室」設立。
以後、吉祥寺に5カ所、武蔵境に1カ所、八王子に2カ所の合計8カ所の中村法律研究室を設け、司法試験の受験指導に当たる。
平成 8年 税理士が加入。
平成17年 八王子に一棟建ての記録専用倉庫を建設。
平成19年 弁護士中村一郎が二代目所長に就任。
昭和時代の事務所正面写真